【Unity】ゲームのステータス管理にModifertyを使う【Modiferty】

はじめに

ゲームを作っていたら割といい感じのライブラリが出来上がったので、Githubにてライブラリ「Modiferty」を公開しました!

このライブラリは、キャラクターや武器に「ステータス」の概念があるようなゲームで広く導入できます。

Github: https://github.com/mackysoft/Modiferty

Modifertyって何?

「Modiferty」はゲーム内のキャラクターや武器のステータスの変化を管理するのに優れています。

  • どのような変更が行われたか(値が2倍されたのか、+1されたのか、etc…)が把握できる。
  • 複数回にわたるステータスの変更を管理できる。

これだけだと「?」となると思うので、具体的な例を紹介します。

能力値アップの実装

ゲームで「キャラクターの一時的な能力値アップを実装したい」という時、どうしますか?(ポケモンの「つるぎのまい」や、ドラクエの「バイキルト」とか)

僕が挙げられる方法は主に2つです。

  1. ステータスの値を上書き
  2. 「攻撃力の倍率」みたいな変数を用意して、攻撃時に倍率を適用

1.ステータスの値を上書き


using UnityEngine;

public class Character : MonoBehaviour {

	public int health = 3;
	public int attackPower = 2;

	// 攻撃処理
	public void Attack (Character target) {
		// 倍率を適用した攻撃力分のダメージを与える
		target.health -= attackPower;
	}

	// 攻撃力アップ
	public void PowerUp (int additionalAttackPower) {
		attackPower += additionalAttackPower;
	}
}

これは単純に、欠点が多いです。

  • どのようなステータス変化があったか分からないので、「初期の値から+1されている」というような演出を行うことができない。
  • 「足し算や掛け算が混合した変更」や「複雑な変更」が行われた場合の管理が困難。

2.「攻撃力の倍率」の変数を用意して、攻撃時に倍率を適用


using UnityEngine;
using System.Collections.Generic;

public class Character : MonoBehaviour {

	public int health = 3;
	public int attackPower = 2;

	// 倍率のリスト
	public List<float> attackPowerMultiply = new List<float>();

	// 攻撃処理
	public void Attack (Character target) {
		int multipiedAttackPower = attackPower;
		
		// 攻撃力に倍率を適用
		foreach (float multiply in attackPowerMultiply) {
			multipliesAttackPower *= multiply;
		}

		// 倍率を適用した攻撃力分のダメージを与える
		target.health -= multipliedAttackPower;
	}
}

この方法なら「どのようなステータス変化が起こるか」が把握できるので、それを利用した演出をすることが可能です。

しかし、この方法は掛け算しかできないので拡張性に乏しいです。

Modifiertyは、ここまで挙がった問題を解決できるライブラリです。

  • どのような変更が行われたか(値が2倍されたのか、+1されたのか、etc…)が把握できる。
  • 複数回にわたるステータスの変更を管理できる。

具体的な実装例

ここでは攻撃力が変動するキャラクターの実装例を紹介します。

1.ModifiablePropertyでattackPowerを宣言する

まずキャラクターの攻撃力などといった、「変動させたい数値」をintやfloatの代わりにModifiablePropertyを使って宣言しましょう。


using UnityEngine;
using MackySoft.Modiferty;

public class Character : MonoBehaviour {

	// baseValueは値の変動の基礎となる値
	public ModifiableInt attackPower = new ModifiableInt(baseValue: 2);

}

今回はintの代わりに、ModifiableIntを使います。(floatなら代わりにModifiableFloatを使用します)

これでキャラクターの攻撃力の変動を管理できるようになりました。

2.Modifierを追加する

次に「ぶつかったキャラクターの攻撃力を加算するアイテム」を作ってみます。


using UnityEngine;
using MackySoft.Modiferty;

public class PowerUpItem : MonoBehaviour {

	// amountは加算量
	public AdditiveModifierInt additiveAttackPower = new AdditiveModifierInt(amount: 1);

	void OnCollisionEnter (Collision collision) {
		Character target = collision.collider.GetComponentInParent<Character>();
		if (target != null) {
			// attackPower.Modifiersに、数値を+1するModifierを追加
			target.attackPower.Modifiers.Add(additiveAttackPower);
		}
	}
}

恐らくここで「そもそもAdditiveModifierIntってなんなんだ?」となると思います。

簡潔に言うとAdditiveModifierIntは、Modifertyで重要な概念となる「Modifier」の1つです。

例では、ModifierであるadditiveAttackPowerを、ぶつかったCharacterのattackPower.Modifiersに追加しているのが分かります。(削除もできます)

このModifierが、先ほど紹介した「倍率」と同じような役割を持っています。

この例ではAdditiveModifier(足し算)を使いましたが、四則演算分のModifierが揃っている他に、特殊な変更を行えるModifierも実装されています。(Modiferty – Modifier Types)

つまりModifertyは、「値に対して複雑かつ複合的な処理を行い、それを管理できるライブラリ」と言えます。

3.attackPowerにModifierを適用する

次に「キャラクターが攻撃を行う処理」を書きます。


using UnityEngine;
using MackySoft.Modiferty;

public class Character : MonoBehaviour {

	public int health = 3;

	// baseValueは値の変動の基礎となる値
	public ModifiableInt attackPower = new ModifiableInt(baseValue: 2);

	public void Attack (Character target) {
		target.health -= attackPower.Evaluate();
	}

}

重要なのが、attackPower.Evaluate()です。

Evaluate関数はModifiableInt(及びModifiableProperty)に実装されている関数で、「自身に追加されている全てのModifierを、基礎値(baseValue)に適用する」ということをやっています。

先ほど紹介した「倍率リストを適用する処理」をイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。

なので、もし仮に

  • attackPowerの基礎値が2
  • attackPowerに「加算量が1のAdditiveModifier」が追加されている

という状態でattackPower.Evaluate()を実行すると、

「2(baseValue)+1(AdditiveModifier)」なので返される値は「3」になります。


これで、Modifertyを使った実装は完了です。

おわりに

このライブラリはMITライセンスなので、かなり自由に使えます。

実際に僕のゲームでも使用していて、基本的には

  • ModifiablePropertyで値の宣言をする
  • 値の変更を行う時はModifierを使う

だけで簡単に導入できるので、「使えそう」と思ったら試してみてください。

Github: https://github.com/mackysoft/Modiferty

記事をシェアしてもらえると嬉しいです!

「【Unity】ゲームのステータス管理にModifertyを使う【Modiferty】」に1件のコメントがあります

  1. ピンバック: 【Unity】ModifiablePropertyとModifierListの使い分け【Modiferty】 | MackySoft

コメントは受け付けていません。